RSS2.0
6月10日(木)は、5校時の学習参観に続いて、引き渡し訓練を行いました。災害は、いつ襲ってくるか分かりません。でも、緊急な時ほど落ち着いて、子どもたちの安全を守らなくてはいけません。「安全に、確実に」が、今回の訓練の大きなテーマでした。子どもたちよりも、むしろ大人の側の訓練だったと思います。職員一同、真剣に取り組みました。     
6月10日(木)、第2回学習参観を実施しました。今回の学習参観では、タブレットを使ったデジタル教科書での学習や理科の実験、図工科の作品づくり、算数の操作活動などの具体的な活動や、家庭科の裁縫や図工科の工作におうちの方と一緒に取り組む学習などの体験的な学習が多かったです。参観いただいた学校運営協議会の委員の方からは、タブレットを使った学習への驚きや、具体的な活動に楽しそうに取り組んだり、まっすぐ手を挙げて発表する児童の姿への感心など、多くの感想や賞賛の言葉をいただきました。伊吹小のみんなのよさをたくさん観ていただけて、とてもよかったと思います。          
 今日は、今年度2回目の「たてわり遊び」でした。お天気に恵まれ、全部の班が予定通りの遊びを行うことができました。所謂「中休み」にあたる「伊吹っ子タイム」を使っての活動ですので、集合するのに少し時間がかかっている班も見られましたが、どの班も友達を優しく待ってあげる姿があって素敵でした。 各班とも6年生がしっかりとリーダーシップを発揮してみんなをまとめ、上手に遊べていました。頼もしい6年生のみんなです。      
 3年生では、今年度も弥高よりゲストティーチャーの大橋先生をお願いして、弥高のサツマイモについて学習を行います。6月2日は、大橋先生より「弥高のサツマイモの始まり」や歴史などについてお話を聞きました。 お話によると、昔から伊吹山から流れてくる水の働きで、弥高のあたりは石が多く、他の作物を育てるのは難しかったそうです。そこで、弥高の土地にあう作物を探し求めた結果、石が多く、水もちのよくない場所でも育つサツマイモが弥高のおいもとなっていったそうです。 水の働きによって土地の特色が違ってくるのは、4年生の学習内容になりますが、地域学習で地域の特色を学ぶ中で勉強できるなんて、とても素敵だと思いました。今年も楽しいおいもづくりができるといいなと思います。     
 1、2年生が、体力テストの1種目である「ソフトボール」投げに取り組みました。 ボールの投げ方(ボールを投げる時の体の使い方)について先生方から教えてもらった後、全員が2回ずつ投げて距離を計測しました。1、2年生のみんなにはまだ難しいかなと思っていたのですが、そんなことはありませんでした。多くの子が上手に投げることができていて感心しました。また、先生のお話を聞くことや順番を待つこともしっかりできていて、たいへんよくがんばれました。     
 ニュース等で報道がありました通り、本校でも本日5月27日、全国学力・学習状況調査を実施しました。 6年生のみんなは、どの人も真剣な表情で、問題や質問紙調査に取り組んでいました。教室内の空気がピンと緊張していて、みんなの集中が伝わってきました。 やがて返却されてくる今日の調査結果をもとに、今後の授業改善や学力向上策に生かしていきます。     
 5月12日(水)は、令和3年度最初の学習参観日でした。まだまだコロナ禍のため、例年は同じ日に開催されているPTA総会は中止になりましたが、授業後の学級懇談会は実施しました。感染対策に気をつけながら、「できることをできる範囲」で取り組んでいます。 教室では、お家の方が見に来てくださったことで、ニコニコ笑顔の子がいたり、恥ずかしがって、いつもはできている発表を尻込みする子がいたりして、いつもとはちょっと違った雰囲気だったようです。でも、お家の方に参観していただくことは、どの子にとっても励みになるし、嬉しいことです。参観いただいた保護者・ご家庭の皆様、ありがとうございました。          
 5月11日(火)の「いぶきっ子タイム」は、縦割り班の「顔合わせ会」でした。班ごとに教室に分かれて、自己紹介や班のめあてを決めました。1年生も参加して、どの班も楽しい雰囲気のスタートでした。これから、もっともっと仲良くなってほしいです。     
 昨年度末、児童一人一人に一台ずつ配置された「タブレット」。このタブレットを活用した授業が始まりました。 全員が活用する時間もあり、グループで活用する時間もあり、学習内容に合わせて先生方がいろいろと工夫しています。特別に通信準備をしなくても、教室の中で気軽にコンピュータ(タブレット)やインターネットが使えるなんて、少し前には考えにくいことでした。今後、さらに有効活用していきたいと思います。   
滋賀県教育委員会より以下のお知らせがありました。 新型コロナウイルス感染症拡大に伴う児童生徒の学びの保障について -学習支援コンテンツポータルサイト「子どもの『学びの場』」の活用について-  学習支援サイトの活用について.pdf ← 詳細は、こちらをご覧ください。  
 2校時終わりから「いぶきっ子タイム」にかけて、第1回避難訓練を行いました。年度初回は、火事を想定した訓練で、各教室からの避難経路の確認を主なねらいとして実施しました。どの学級もたいへん静かに放送を聞き、早く静かに集合できました。残念だったのは、避難中に少し話声が聞こえたこと。次回の訓練時の課題としました。     
 新任式、始業式に続いて、令和2年度入学式を挙行しました。小規模、少人数という本校の良さを生かし、新型コロナウイルスの感染対策を行いながら、在校生・職員が全員参加し、体育で実施しました。 今年度の新入生は10名。式での呼名に全員しっかり返事できました。頼もしいです。今年度の全校児童数は、昨年度より1名増えて83名。令和3年度が無事にスタートしました。     
 3月2日、「6年生を送る会」を実施しました。会場は、体育館。今年度ご寄付いただいた個別の椅子を使用することで、体育館を広く使い、出来る限り距離・間隔をとって、全校が参加して行いました。 コロナ禍の中、学年の出し物に縦笛や鍵盤ハーモニカなどの息を使う楽器の使用を控えたため、例年のような合奏や歌は困難に思われました。大きな声も出しづらい最近です。しかし、各学年とも知恵を絞り、工夫を凝らして、実に楽しい発表ができました。 トライアングルやカスタネット、ウィンドチャイムやウッドブロック、鈴、ハンドベル、ピアノ、木琴など、息を使わない楽器を集めて、素敵な合奏もちゃんとありました。劇にクイズに音読発表、様々なアイデアに感心しました。それはどれも、間もなく卒業していく6年生のみんなへの感謝の気持ちがこもった発表でした。そして、6年生の人たちの発表もさすがでした。「さすが6年生」と、みんなが納得し、感心させられました。会の計画、準備、進行をしてくれた5年生の活躍も頼もしい限り。 感謝、感心、納得、頼もしさ、そんないろんな気持ち、そしてそれはどれも温かい気持ち、そんな幸せな気持ちに包まれた会でした。   ...
2月19日(金)、2校時の学習参観の後、字別児童会を行いました。ご参加いただいた字委員さん、ありがとうございました。子どもたちは、字別に教室や体育館に集まり、それぞれに話し合いを行いました。今回の議題は、新年度の字長や副字長の決定、新1年生の確認、今年度の集団登校の振り返りや次年度のめあてなどです。いよいよ来年度の準備の時期となりました。新しい春が近づいています。           
2月19日(金)、今年度最後の学習参観日を実施しました。前日、思いがけずかなりの降雪があったために駐車場が充分でなく、ご迷惑をおかけしましたが、たくさんの保護者の皆様にご参観いただきました。ありがとうございました。例年、この最後の参観日は、各学年で一年間のまとめの学習発表的な活動をご覧いただくことが多かったと思います。しかしながら、今なお収束しないコロナ禍の中、今年度は各学年でそれぞれに工夫を凝らしての発表となりました。全員での発表は難しく、また、できる限りマスクを外さない。密を避け、飛沫を防ぐ等、多くの感染防止対策を考えつつ、各学年が考え、工夫した内容や方法での発表をご覧いただきました。一人~数人での発表が多く、子どもたちは、いつもより緊張していたかもしれません。でも、その緊張に耐え、発表できたことは、とても貴重な経験になると思います。新型コロナによる不自由も、自分たちを伸ばすプラスに変えて、ますますたくましくなってほしいとおもいます。