RSS2.0
6月10日(木)は、5校時の学習参観に続いて、引き渡し訓練を行いました。災害は、いつ襲ってくるか分かりません。でも、緊急な時ほど落ち着いて、子どもたちの安全を守らなくてはいけません。「安全に、確実に」が、今回の訓練の大きなテーマでした。子どもたちよりも、むしろ大人の側の訓練だったと思います。職員一同、真剣に取り組みました。     
6月10日(木)、第2回学習参観を実施しました。今回の学習参観では、タブレットを使ったデジタル教科書での学習や理科の実験、図工科の作品づくり、算数の操作活動などの具体的な活動や、家庭科の裁縫や図工科の工作におうちの方と一緒に取り組む学習などの体験的な学習が多かったです。参観いただいた学校運営協議会の委員の方からは、タブレットを使った学習への驚きや、具体的な活動に楽しそうに取り組んだり、まっすぐ手を挙げて発表する児童の姿への感心など、多くの感想や賞賛の言葉をいただきました。伊吹小のみんなのよさをたくさん観ていただけて、とてもよかったと思います。          
 今日は、今年度2回目の「たてわり遊び」でした。お天気に恵まれ、全部の班が予定通りの遊びを行うことができました。所謂「中休み」にあたる「伊吹っ子タイム」を使っての活動ですので、集合するのに少し時間がかかっている班も見られましたが、どの班も友達を優しく待ってあげる姿があって素敵でした。 各班とも6年生がしっかりとリーダーシップを発揮してみんなをまとめ、上手に遊べていました。頼もしい6年生のみんなです。      
 3年生では、今年度も弥高よりゲストティーチャーの大橋先生をお願いして、弥高のサツマイモについて学習を行います。6月2日は、大橋先生より「弥高のサツマイモの始まり」や歴史などについてお話を聞きました。 お話によると、昔から伊吹山から流れてくる水の働きで、弥高のあたりは石が多く、他の作物を育てるのは難しかったそうです。そこで、弥高の土地にあう作物を探し求めた結果、石が多く、水もちのよくない場所でも育つサツマイモが弥高のおいもとなっていったそうです。 水の働きによって土地の特色が違ってくるのは、4年生の学習内容になりますが、地域学習で地域の特色を学ぶ中で勉強できるなんて、とても素敵だと思いました。今年も楽しいおいもづくりができるといいなと思います。     
 1、2年生が、体力テストの1種目である「ソフトボール」投げに取り組みました。 ボールの投げ方(ボールを投げる時の体の使い方)について先生方から教えてもらった後、全員が2回ずつ投げて距離を計測しました。1、2年生のみんなにはまだ難しいかなと思っていたのですが、そんなことはありませんでした。多くの子が上手に投げることができていて感心しました。また、先生のお話を聞くことや順番を待つこともしっかりできていて、たいへんよくがんばれました。     
 ニュース等で報道がありました通り、本校でも本日5月27日、全国学力・学習状況調査を実施しました。 6年生のみんなは、どの人も真剣な表情で、問題や質問紙調査に取り組んでいました。教室内の空気がピンと緊張していて、みんなの集中が伝わってきました。 やがて返却されてくる今日の調査結果をもとに、今後の授業改善や学力向上策に生かしていきます。     
 5月12日(水)は、令和3年度最初の学習参観日でした。まだまだコロナ禍のため、例年は同じ日に開催されているPTA総会は中止になりましたが、授業後の学級懇談会は実施しました。感染対策に気をつけながら、「できることをできる範囲」で取り組んでいます。 教室では、お家の方が見に来てくださったことで、ニコニコ笑顔の子がいたり、恥ずかしがって、いつもはできている発表を尻込みする子がいたりして、いつもとはちょっと違った雰囲気だったようです。でも、お家の方に参観していただくことは、どの子にとっても励みになるし、嬉しいことです。参観いただいた保護者・ご家庭の皆様、ありがとうございました。          
 5月11日(火)の「いぶきっ子タイム」は、縦割り班の「顔合わせ会」でした。班ごとに教室に分かれて、自己紹介や班のめあてを決めました。1年生も参加して、どの班も楽しい雰囲気のスタートでした。これから、もっともっと仲良くなってほしいです。     
 昨年度末、児童一人一人に一台ずつ配置された「タブレット」。このタブレットを活用した授業が始まりました。 全員が活用する時間もあり、グループで活用する時間もあり、学習内容に合わせて先生方がいろいろと工夫しています。特別に通信準備をしなくても、教室の中で気軽にコンピュータ(タブレット)やインターネットが使えるなんて、少し前には考えにくいことでした。今後、さらに有効活用していきたいと思います。   
滋賀県教育委員会より以下のお知らせがありました。 新型コロナウイルス感染症拡大に伴う児童生徒の学びの保障について -学習支援コンテンツポータルサイト「子どもの『学びの場』」の活用について-  学習支援サイトの活用について.pdf ← 詳細は、こちらをご覧ください。  
 2校時終わりから「いぶきっ子タイム」にかけて、第1回避難訓練を行いました。年度初回は、火事を想定した訓練で、各教室からの避難経路の確認を主なねらいとして実施しました。どの学級もたいへん静かに放送を聞き、早く静かに集合できました。残念だったのは、避難中に少し話声が聞こえたこと。次回の訓練時の課題としました。     
 新任式、始業式に続いて、令和2年度入学式を挙行しました。小規模、少人数という本校の良さを生かし、新型コロナウイルスの感染対策を行いながら、在校生・職員が全員参加し、体育で実施しました。 今年度の新入生は10名。式での呼名に全員しっかり返事できました。頼もしいです。今年度の全校児童数は、昨年度より1名増えて83名。令和3年度が無事にスタートしました。     
 3月2日、「6年生を送る会」を実施しました。会場は、体育館。今年度ご寄付いただいた個別の椅子を使用することで、体育館を広く使い、出来る限り距離・間隔をとって、全校が参加して行いました。 コロナ禍の中、学年の出し物に縦笛や鍵盤ハーモニカなどの息を使う楽器の使用を控えたため、例年のような合奏や歌は困難に思われました。大きな声も出しづらい最近です。しかし、各学年とも知恵を絞り、工夫を凝らして、実に楽しい発表ができました。 トライアングルやカスタネット、ウィンドチャイムやウッドブロック、鈴、ハンドベル、ピアノ、木琴など、息を使わない楽器を集めて、素敵な合奏もちゃんとありました。劇にクイズに音読発表、様々なアイデアに感心しました。それはどれも、間もなく卒業していく6年生のみんなへの感謝の気持ちがこもった発表でした。そして、6年生の人たちの発表もさすがでした。「さすが6年生」と、みんなが納得し、感心させられました。会の計画、準備、進行をしてくれた5年生の活躍も頼もしい限り。 感謝、感心、納得、頼もしさ、そんないろんな気持ち、そしてそれはどれも温かい気持ち、そんな幸せな気持ちに包まれた会でした。   ...
2月19日(金)、2校時の学習参観の後、字別児童会を行いました。ご参加いただいた字委員さん、ありがとうございました。子どもたちは、字別に教室や体育館に集まり、それぞれに話し合いを行いました。今回の議題は、新年度の字長や副字長の決定、新1年生の確認、今年度の集団登校の振り返りや次年度のめあてなどです。いよいよ来年度の準備の時期となりました。新しい春が近づいています。           
2月19日(金)、今年度最後の学習参観日を実施しました。前日、思いがけずかなりの降雪があったために駐車場が充分でなく、ご迷惑をおかけしましたが、たくさんの保護者の皆様にご参観いただきました。ありがとうございました。例年、この最後の参観日は、各学年で一年間のまとめの学習発表的な活動をご覧いただくことが多かったと思います。しかしながら、今なお収束しないコロナ禍の中、今年度は各学年でそれぞれに工夫を凝らしての発表となりました。全員での発表は難しく、また、できる限りマスクを外さない。密を避け、飛沫を防ぐ等、多くの感染防止対策を考えつつ、各学年が考え、工夫した内容や方法での発表をご覧いただきました。一人~数人での発表が多く、子どもたちは、いつもより緊張していたかもしれません。でも、その緊張に耐え、発表できたことは、とても貴重な経験になると思います。新型コロナによる不自由も、自分たちを伸ばすプラスに変えて、ますますたくましくなってほしいとおもいます。     
2月18日(木)、6年生では、学校薬剤師の森先生をお迎えし、「薬物乱用防止教室」を実施していただきました。「大麻」や「コカイン」「ヘロイン」「LSD」等、私たちにとってはテレビや映画でしか見たり聞いたりしない薬物ですが、だからこそ1度でも興味本位で使用することがないための大事な学習です。 まず、森先生からそれぞれの薬物について、資料をもとにお話をうかがいました。それぞれの薬物の特徴、特に私たちの体にどんな異常が起きるのかについて教えていただきました。その後、薬物を使用することの危険や怖さについてのDVDを視聴しました。 実物があるわけでもなく、DVDの失明はやや難しいものでしたが、6年生のみんなは、熱心にお話を聞き、集中してDVDを視聴できました。ちょっと難しいけど、とても大切な勉強。しっかりと学習できました。     
新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金の対象となる休暇取得の期間が令和3年3月末まで延長されました。 新型コロナ休暇支援(厚生労働省HP) 新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応支援金(委託を受けて個人で仕事をする方向け)(厚生労働省HP)
2月8日(月曜日)、昼休み、体育館にて低学年「なわとび集会」が開催されました。これは、本部委員会に所属する5、6年生児童の発案によるミニ集会活動です。例年ですと、冬場のこの時期、体育部(教員)の働きかけにより「なわとび週間」が実施されているのですが、今年度は、新型コロナウイルス感染症のために自粛しています。そこで、子どもたちの発案により、ミニ集会が開催されました。コロナ禍は、多くの制限をもたらしていますが、その中で新しい学びや工夫も生まれています。8日は、低学年の集会でした。1、2年生対抗で、駆け足とびによる回旋リレーが行われました。短い時間ですが、体を動かし、みんなで協力する活動に、どの子も楽しそうに取り組むことができました。今後、中学年、高学年の部と行われる予定です。   
伊吹小学校では、現在、全校的に「伊吹小 読書チャレンジ」に取り組んでいます。これは、下学年、上学年それぞれに目標を決めて、読書に取り組む取組です。読んだ本の冊数やページ数に応じて、「初級、中級、上級」の賞状を校長室で受け取ります。上級を達成した児童は、「読書マスター」として職員室前の掲示板に名前が掲示されます。スタート1週間で、すでにのべ22名の児童が賞状を受け取りました。読書のきっかけとなってくれればいいなと願っています。     
伊吹小学校は現在、1月25日(月)~1月29日(金)の学校給食週間中です。これは、「学校給食を通して、感謝の心を養わせるとともに、地域の産物を知り、郷土食やいろいろな給食について理解し、自分自身の食生活や健康について考える。」をねらいとした全校的な活動です。活動の主体は、健康・給食委員会の5、6年生のみんなです。 今日は、その活動の一つとして3年生を対象とした「給食集会」が行われました。図書室を会場として、3つのコーナーを作り、ゲームや遊びを通して給食や食について学びました。3年生のみんなが、とても楽しそうに活動していたのが印象的でした。5、6年生のお兄さん、お姉さんはさすがです。     
伊吹小前庭の池にあった「魚のおうち」が老朽化したため、今年度新しく製作することとしました。学校運営協議会会長兼地域コーディネーターを務めていただいている伊夫貴典隆さんに相談し、ご紹介いただいた小泉の清水建築さんにお世話になりました。 1月19日(火)、作っていただいたたくさんの部品を持って清水建築さんと伊夫貴さんがご来校いただき、早速組み立てていただきました。コミュニティースクールの活動の一つとして、そして6年生の卒業に向けての活動の一部として、6年生も参加して作業しました。インパクトドライバーの使い方を教えていただき、実際に使って作業し、その日のうちに完成。 今、学校の倉庫の中にあります。天候をみながら、早いうちに池にいれようと思っています。お世話になりました清水建築さん、伊夫貴さん、ありがとうございました。     
今朝、伊吹小学校は、昨夜~朝にかけての降雪で、再び雪景色となりました。積雪は、前庭で5cmほどでしたが、それでも足が引っかかるので、久しぶりの除雪機登場となりました。年末に修理していただいたことと、今日の雪がふわふわの新雪だったおかげで、今朝は大活躍でありました。やがて3校時。1年生のみんなが元気に外に出ていきました。みんなで雪遊びです。(スキー?)ウエアで身を包み、全員がグラウンドに集合しました。そして、まだまだ冷たい風の中、でも風なんか全然気にすることなく、元気な声を上げながら、楽しく雪遊びを楽しみました。       
昨年は、本校教育の推進にご理解、ご支援いただき、誠にありがとうございました。本年も、子どもたちの健やかな成長を願って、職員一同一丸となって取り組んでまいります。本年もよろしくお願いいたします。 学校ブログ「仕事始め(1月4日)」掲載しました。
新年あけましておめでとうございます。令和3年(2021年)がスタートしました。本日1月4日(月)が仕事始めです。年末から元日に雪が降って積雪を心配しましたが、学校の前庭や校舎裏は随分と雪が融け、一安心といったところです。学校前の道路の雪もほとんど気にならないくらいで、繰り返しの除雪に感謝いたします。朝は重い雲に覆われていた空も8時15分ころから青空にかわり始め、気持ちよい新年のスタートとなりました。まずは3学期、年度のまとめをしっかりとできるように取り組んでまいります。今年もよろしくお願いいたします。     
いつもご支援、ご協力いただいき、ありがとうございます。12月25日(金)、終業式を行い、2学期を無事終了しました。ありがとうございました。皆様 よいお年をお迎えください。 学校だより「伊吹っ子だより 12月号」を掲載しました。
 小学校では、今年度よりプログラミング教育が必修化されています。 今日は、1年生で「ビットロボット ホエールくん」という教材を使った授業が行われました。1年生のみんなは、自分たちの計画(命令=プログラム)通りに動くロボット「ホエールくん」に興味津々。先生から示された問題を解決しようと、熱心に思考錯誤していました。     
 伊吹小学校では、12月4日(金)~11日(金)を人権週間として、人権に関する学習に取り組みました。そして、今日16日(水)に、学習のまとめとして「人権集会」を実施しました。 集会は、縦割り班ごとに分かれて、各教室で6年生が中心に進行しました。プログラムは以下の通りです。 1 校長先生の話(放送) 2 各学級での人権学習の発表 3 人権すごろく 4 班の先生の話  どの学級もそれぞれに学年に応じた内容で学習されていました。やはり、「いじめ」がテーマであった学級が多かったようです。人権について考えた時、「いじめ」の解決は、とても大切なことです。 また、6年生が考えてくれた「人権すごろく」は、とても新鮮で、印象深いものでした。自分のことについて振り返り、考え、話す経験は、貴重だと思いました。よい活動であったと思います。 伊吹小のみんなには、この期間の学習を通して、人権意識の向上を図り、日頃から人を思いやり、人と支え合える心情を深めたり、人間関係の力を高めたりしてほしいと思います。     
 12月8日(火曜日)は、社会福祉協議会と手話サークル「ゆいの会」のみなさん(全7名)にご来校いただき、5年生のみんなが、福祉学習の一つとして「手話」について教えていただきました。 今回の学習のめあては、「『耳がきこえないこと』について知る」でした。まずは、知ること。学習は、「1 まわりにはどんな音がありますか」「2 聞こえないことをおぎなう方法」「3 聞こえないことの体験」「4 手話を使ってみよう」の4つの構成で進めていただきました。 お話を聞くとともに、唇の動きをよんで言葉を予想したり、日常の言葉や自分の名前について手話を教えていただいたりすることで、楽しく学習することができました。 自分の近くに音や声が聞こえない人がいる場合、緊急時や災害時に一緒に避難できるようにしたいものです。そんなことを学んだ1時間でした。         
 12月7日(月)5校時には、上野太鼓踊り保存会の髙橋順之さん(伊吹山文化資料館)にご来校いただき、4年生のみんなに上野の太鼓踊りについて教えていただきました。4年生が年間を通じて取り組んでいる地域学習(文化や行事)の一つです。 太鼓踊りの意味や発祥、歴史など、たいへん分かりやすく、そして、楽しくご説明いただきました。太鼓踊りもまた、伊吹山と深いつながりがあること等、たいへん興味深いお話で、4年生のみんなは、熱心にメモをとっていました。その中でも、「祭りは、意味を知ることが大事」と髙橋さんが話されたことは大変印象的でした。 最後には、持ってきていただいた髙橋さんの太鼓をたたいてみせてくださいました。とても楽しい1時間でした。      
 12月4日(金曜日)には、「弁護士による いじめ防止授業」を5、6年生が学習しました。これは、滋賀弁護士会による出張授業で、本校が昨年度よりお願いしているものです。 当日は、弁護士の中川さんがご来校いただき、5、6年生に各1時間、なぜいじめは絶対ゆるされないことなのか、そして「いじめにあった時」「いじめに気づいた時」にはどうすればいいのかについて教えてくださいました。 授業では、いじめ被害者だった女の子の遺書や実際にあったいじめ行為なども紹介され、子どもたちは、引き込まれるように話を聞いていました。 いじめには、いじめで返すのではなく、周囲の誰かや相談窓口に相談することの大切さを伝えていただきました。 『改めていじめはいけないことだなと思いました。なので、いじめを見つけたら、しっかりと信用できる人に相談しようと思います。』(5男)     
 12月1日(火曜日)は、人権擁護委員の細野さん、山崎さんにご来校いただき、3、4年生対象に人権教室を行っていただきました。テーマは「いじめ」。 和室に中学年のみんなが集まり、「プレゼント」というアニメ教材を視聴し、ご指導をいただきました。 学校での出来事を中心としたアニメで、子どもたちにとって親しみやすく、3、4年生のみんなは熱心に見入っていました。また、そのアニメのお話について細野さんと山崎さんが大変分かりやすくお話をしていただくことで、いじめについてみんながよく考えられ、学習することができたと思います。最後に感想を求められた時、何人もの子が進んで手を挙げ、積極的に発表することができました。 細野さん、山崎さん、ありがとうございました。     
 11月26日(木)は、チューリップ交流会の日でした。これは、来春入学予定の児童の半日入学です。1年生のみんなと交流しながら、小学校を体験しました。 今年度は、次年度入学予定の10名と他校へ入学予定の4名のみんなが来校し、1年生が用意した「おもちゃやさん」で交流したり、学校探検(見学)をしたり、来年の春に咲くチューリップの球根を一緒に植えたりしました。どの子も各活動に興味深々で、楽しく活動できました。来年の入学が今から楽しみです。 また、いつもはかわいい1年生のみんなが、今日はとってもお兄さん、お姉さんに見えました。大きくなったね(^^♪      
 10月にお配りさせていただいた「自分の持ち物に名前を書きましょう」の旨のお便りを掲載いたしました。集団生活の中で学習や生活をスムーズにするためにとても大切で効果的なことです。時折思い出して、お子さんの持ち物について記名や使用状況を確認していただけるとありがたいです。ご協力をお願いいたします。 ★学習や生活をスムーズにするために.pdf
 11月25日(水)は、年1回の「不審者対応避難訓練」を行いました。米原警察署や伊吹小安全リーダーの皆さまにも来校いただいて、参観やご指導をいただきました。  職員が役割分担し、不審者が突然学校に侵入してきたという状況をシミレーションしながら訓練しました。子どもたちの訓練は、まず「隠れる」ことです。不審者は、目についた子どもを襲います。だから、とにかく物陰に身を隠し、音をたてないことが大切な訓練でした。  不審者役の先生の迫真の演技、不審者を外に出そうとする側の大きな声、子どもたちは、怖かったと思います。でも、大切な命を守る訓練でした。  訓練後、警察や安全リーダーの方からたくさんのご意見やご指導をいただきました。改善すべき点がたくさんありました。安心・安全な学校のめざし、そして、子どもたちが自分の命をしっかり守れる人になれるよう、今後に生かしていきたいです。     
 11月20日(金)は、かねてより準備を進めてきた「いぶきフェスティバル」の日でした。  これは、前半を児童の部として、「生活科や総合的な学習の時間を中心とした学習の成果を児童、保護者やお世話になった方に発表 することを通して、『工夫してまとめ表現する力』や『相手にわかりやすく伝える力』を高める。」をねらいとし、児童の学習発表の場として年間の学習参観の中でも特に力を入れているものです。  また、後半は、コミュニティー・スクールの活動として、学校運営協議会の皆様にお世話になり、「地域の特色ある伝統や文化に関わる取り組みに直接触れ合う機会を通して、地域についての理解を深め、地域のよさや課題を発見する機会とする。」をねらいとして実施しました。今年度は、「わたしたちの伊吹山」(講師:髙橋滝治郎氏)と「ホッケーのまち いぶき」(講師:鈴木金良氏他3名)の2教室を開催していただきました。  先日より全国的に新型コロナウイルス感染拡大のニュースが報道される中、参観人数の制限や、来校者の検温、消毒にご協力いただくなど、感染防止対策を行いながら開催しました。いつもながら、学校の取組やお願いに快くご協力いただけ...
 11月11日(水)は、いよいよマラソン大会当日でした。さわやかな秋晴れに恵まれ、青い空の下、気持ちよく実施できました。高学年・中学年・低学年と時間帯を分けて行いましたが、スムーズな進行でほぼ予通りでした。子どもたちは、どの子もこれまでの練習の成果を十分に発揮して一生懸命走ることができました。 平日の開催でしたが、たくさんの方に応援していただき、ありがとうございました。また、ボランティアの皆様に助けていただき、とても助かりました。重ねてお礼申しあげます。       
 今、伊吹小学校の子どもたちは、11月11日(水)に予定しているマラソン大会に向けて練習を積み重ねています。(10月26日~11月10日、いぶきっ子タイムを活用したマラソンタイムに取り組んでいます。) 11月6日(金)は、学年部ごとに時間をずらしての「外周練習」を実施しました。校舎の外周の道路を利用した本番のコースを実際に走っての練習です。1、2年生・3、4年生・5、6年生ともに、本番を意識した一生懸命の走りが見られました。大会の当日が楽しみです。     
 今週11月11日の水曜日(予備日12日)、マラソン大会を実施します。 計画は、下記の通りです。  日時  令和2年11月11日(水) 雨天順延      ※スタート予定時刻       9:30  5年、6年       10:00  3年、4年       10:20  1年、2年  場所  伊吹小学校グラウンドおよび校舎外周の道路      ※1、2年生:グラウンド1周+外1周  (約600m)       3、4年生:グラウンド1周+外2周 (約1000m)       5、6年生:グラウンド1周+外3周 (約1500m)   お時間が許せば、懸命に走る子どもたちに温かい応援をよろしくお願いいたします。
 4年生の総合的な学習として、下板並の須藤一成さんにお世話になり、イヌワシを中心に伊吹山の動物について教えていただきました。4年生のみんなは、須藤さんがプロジェクターを使って見せてくださる動物の姿に、「わぁ。」と声を上げたり、「かわいい。」と言葉を発したりしながら、夢中になっていました。須藤さんが話してくださる内容を、一生懸命にメモする姿もありました。自分たちの住む地域のよさについて、さらにまた学びが深まりました。     
 今日は、読み聞かせボランティアグループ「夢のつばさ」さんにご来校いただき、全校児童への「お話会」を実施していただきました。2~4校時の時間に、低学年・中学年・高学年の3部構成で、それぞれ3~4のお話を聞かせていただきました。ストーリーテリング、読み聞かせ、パネルシアター、大型紙芝居等、たくさんの方法で聞かせていただくお話に、子どもたちはすっかり引き込まれ、真剣に、そして楽しく聞かせていただくことができました。お話を聞いた後、高学年の児童から「いいお話やったなぁ。」という呟きがもれたことが、とても印象的でした。